パソコンを持っている女性

「バックリンク」というのは「被リンク」ともいい、あるサイトに向けて、他のWebサイトから設置されたリンクのことです。
インターネットが普及し始めた頃には様々な検索エンジンが存在していて、多くの検索エンジンの中で優位を獲得するには、得たい情報がすぐに見つかるという性能が勝っている必要がありました。
その検索の正確さをアップさせるために必要としたのが「バックリンク」をサイト評価の主要要素にすることでした。
これによって高評価のサイトは検索順位が上がりやすいサイトになります。
つまり「バックリンク」は検索エンジンからの評価を上げ、上位に表示されるために大切なものだということが分かります。

具体的にいえば「Google」の検索エンジンが検索結果の順位を決定する場合、コンテンツの文字量と内容、使用されているキーワード、HTMLの構成などを判別し、より良いコンテンツを発信しているホームページを評価したうえで検索結果として反映します。
ところがこれらの要素がほぼ同じである、同じコンテンツのホームページが複数あった場合、どちらが読者にとって良質かは判断が出来ません。
そこで判断要素として必要となってくるのが、「バックリンク」です。
検索エンジンは、「自然な被リンクが貼られているホームページ」を読書から支持されているものと見なして、検索順位を決める要素にしています。
大量にリンクが貼られていれば単純に順位が上がるわけではないのです。
ユーザー側の立場に立ってみると分かりやすいですが、沢山貼られていた不自然なリンク先へ遷移した際に、まったく興味のなかったコンテンツに飛ばされても意味がありません。
それどころか悪影響と感じ低質なサイトと評価してしまう場合もあります。

かつては、業者からリンクを買ってそれが有効だった時期もありますが、数年前から検索エンジン側ではスパムなどへの対策がすすみ、そういった低質な、意味のない不自然なリンクを多く持っていたWEBサイトは、次々とペナルティを受け、検索順位は大きく下がっています。
たまに大手企業のホームページなどでは、そのような意図的で不自然なリンクがなくても、スパムなどから勝手にリンクをつけられ、ペナルティ他の悪影響を被ったケースもあります。
その一方で、ユーザーからの自然なリンクや企業間同士のリンクといった「正しい」リンクを持っていたWEBサイトの順位は落ちませんでしたので、現在のSEO対策における「バックリンク」は、その「質」がものを言うといえます。
低質な「バックリンク」はペナルティを受ける可能性があり、それ自体でホームページ評価を下げる「リスク要因」になってしまうのです。

記事一覧
カーソル

「ブラックハットSEO」というのは、Googleが定めたガイドラインに沿わない悪質なやり方を使って検...

色々なSNSサイトのロゴ

「サーチコンソール」というのは、サイト運営に有効なGoogleの公式なツールで、検索結果でWEBサイ...

パソコンとスマホを使用する人

「301リダイレクト」というのは、Webページを移転先へ恒久的に転送することをいいます。 この転送に...

パソコンを使用する人

「バックリンク(被リンク)」はWEBページに対する人気票という見方が出来、多くの人気票を集めたWEB...