• ホーム
  • 「サーチコンソール」でバックリンクを確認、否認するには

「サーチコンソール」でバックリンクを確認、否認するには

色々なSNSサイトのロゴ

「サーチコンソール」というのは、サイト運営に有効なGoogleの公式なツールで、検索結果でWEBサイトのパフォーマンスの調査・管理をするものです。
ブログや運営するWEBサイトのアクセス数が伸び悩んでいる時等に、アカウントにログインしこのツールを使用して、「バックリンク」などを調査する事をお勧めします。

例えば、「バックリンク」されているサイトが、自分のWEBサイトとは全くジャンルも内容も異なるところである場合があります。
「サーチコンソール」を使えば、それを確認することが出来ます。
その上で明らかに不自然な物を選び出し、否認する事で評価が上がってくるケースは多いにあります。

具体的に自分のWEBページの被リンクを確認し、不必要なものを否認する方法を見てきましょう。
否認を行うには、エクスポートしたリストから否認するものだけが含まれているファイルを作成し、そのファイルをGoogleにアップロードします。
まずは「サーチコンソール」にGoogleアカウントでログインし、SearchConsoleのホームページでサイトを選択します。
次に「検索トラフィック」「サイトへのリンク」の順にクリック、「リンク数の最も多いリンク元」の「詳細」をクリックして下さい。
「その他のサンプルリンクをダウンロードする」を選び「最新のリンクをダウンロードする」をクリックすると日付も確認することが出来ます。

これにより自分のサイトに被リンクしているページが記載されたリストがエクスポートされファイルを取り込む事が可能になります。
このファイルを使用し、否認するリンクだけを含むテキストファイルを作成しアップロードをします。
リンクの否認ツールの頁にアクセスし、ウェブサイトを選択します。
「リンク否認」を押して、「ファイルを選択」から作成したテキストファイルを選択し送信ボタンを押します。
新しいファイルをアップロードする事により、以前にアップロードしたファイルは全て置き換えられます。
但しこれはあくまでも概要となりますので、詳細はGoogleの公式HPで確認しながら行って下さい。

又、この機能は高度なものですので、使用するときには慎重に行って下さい。
誤って使用すると検索結果でのサイトのパフォーマンス等に影響が出ることもあります。
明らかにスパムとわかるものや不自然な物、問題を引き起こしていると確信できた場合にだけ、否認することが望ましいです。
そうでないとWEBサイトの評価が下がってしまう危険性もあります。
判断が付かない場合はそのままにしておく事をお勧めします。

関連記事