• ホーム
  • 「ブラックハットSEO」の危険性を認識しましょう

「ブラックハットSEO」の危険性を認識しましょう

カーソル

「ブラックハットSEO」というのは、Googleが定めたガイドラインに沿わない悪質なやり方を使って検索順位を上げようとすることをいいます。
掲載順位アップやトラフィックを増やす事だけを追求し、裏技を使うことで、本来の正しい順位よりも高い検索順位を得ようとするサイトがそうです。
検索エンジンのアルゴリズムの抜け穴をついた悪質な操作といえます。
因みにガイドラインに沿った正しい方法を用いたSEOのことは「ホワイトハットSEO」と呼んでいます。
「ブラックハットSEO」を用いているWEBサイトは、Googleからペナルティを受ける危険性があります。
ペナルティを受けたサイトは、検索順位が大幅に下がったり、インデックス削除が行われてキーワードで検索しても検索結果に表示がされない状況となります。
特に初心者で、本格的にSEO対策をしようと検討されている方は、巷にあふれている不正なSEO情報を鵜呑みにすることなく、ペナルティリスクを認識しておくことが肝心です。

最近では、検索エンジンもアップデートされ、アルゴリズムの精度も向上しています。
それによりやりたい放題であった悪質な手法が禁止されるようになってきました。
その分、認識不足で自覚のないまま不正手法を用いてしまい、ペナルティを受けることがないように、しっかりと「ガイドライン」を確認しておく事が必要です。
効果を狙った結果が、マイナスになっては元も子もありません。

では具体的に、SEO対策で絶対に行ってはいけない「ブラックハットSEOの主な手法」についていくつか見ていきましょう。
「キーワードを乱用し詰め込む」・・検索順位を上げることを目的に、キーワードを沢山詰め込み乱用するやり方です。
「クローキング」・・検索エンジンとユーザーに対し異なるWEBページを認識させることにより関係ないページに誘導する手法をクローキングと呼んでいます。
「ワードサラダ」・・文章の脈絡にまったく関係の無い場所にターゲットキーワードを挿入する方法がワードサラダと呼ばれています。
「無断に複製したコンテンツ」・・異なるサイトのコンテンツを無断でコピーし、自分のサイトに使用するやり方です。
文章の一部を変えただけでは、コピー率が高いため複製コンテンツと判断されます。
「隠しリンクや隠しテキスト」・・文字の色と背景を同じ色にしたり、フォントを小さいものにすることで、ユーザーが見えないテキストを作成し、その中にキーワードを散りばめるやり方です。

他にもいくつかありますが、とにかく自覚のないままガイドラインに沿わないブラックハットSEOを行ってしまわないよう、細心の注意を払い、同時にユーザーの立場に立った時に、有益な情報が提供されているWEBサイトであるかを意識して作成することが肝心です。

関連記事