• ホーム
  • 「301リダイレクト」の仕組みを理解しましょう

「301リダイレクト」の仕組みを理解しましょう

パソコンとスマホを使用する人

「301リダイレクト」というのは、Webページを移転先へ恒久的に転送することをいいます。
この転送によりドメインの変更やサイトの移設、ホームページのURLの変更をしたい場合に、変更前のURLから変更後のURLへとユーザーと検索エンジンを誘導させることができます。
この「301リダイレクト」のSEO対策として効果は、正しく設定すれば、それまでの「バックリンク」などの評価をそのまま引き継ぐことが出来、ホームページの評価を下げずに検索順位を維持することができる点にあります。
特に長年運営していて信用や評価を得ているWEBサイトなどの場合、評価を引き継ぐためにも、必ず「301リダイレクト」を使用することが大切です。

具体的にいえばサイトを別のドメインへ移設すると、移設前のホームページは削除しない限り検索エンジンで普通に表示されますので、アクセス可能であっても運営はされていないホームページが開かれてしまいます。
このような事がないように、「301リダイレクト」を利用し恒久的に新しいページに誘導できるようにしておきましょう。
そしてさらに重要なのが「検索エンジン」に対しての必要性です。
例えば移設前のサイト「A」というWEBページが、検索エンジンで上位に表示されていたとします。
そして移設後のサイト「B」を作成し、同一コンテンツで全く同じ内容で公開した場合、新しいサイト「B」は当然ながら上位に表示させることは出来ません。
そうならない為に、移設前のWEBサイトの評価を受け継ぐようにしてくれるのが、「301リダイレクト」です。

また、同じサイト内に重複したページがある場合にもURLの正規化として有効的です。
例えばコンテンツが全く同じでURLに「www」の「あり・なし」の重複ページがあるとします。
検索エンジンは「URL」が違うため、別の物として判断します。
従ってSEO対策として重要な「バックリンク」も、それぞれで別のものとして扱われてしまいます。
つまり同じコンテンツであるにもかかわらず、検索エンジンの評価が統合されず分散されてしまうことになります。
分散されることで検索上位に表示がされにくくなるというデメリットが生じます。
この場合も「301リダイレクト」を利用しURLの正規化を行えば、その問題を解消できます。
やり方としてはどちらか一方をメインのURLにし、もう一方からメインのURLへ「301リダイレクト」をします。
これにより検索エンジンからの評価もメインのURLへ統合することが出来るのです。

関連記事