• ホーム
  • リンクの数が多ければ検索順位が上がるわけではない

リンクの数が多ければ検索順位が上がるわけではない

パソコンを使用する人

「バックリンク(被リンク)」はWEBページに対する人気票という見方が出来、多くの人気票を集めたWEBページはそれだけ重要なサイトであると判断されます。
したがって「バックリンク」を増やすことはSEO対策にとても重要であると言われています。
だったら、とにかくバックリンク(被リンク)を沢山配置させれば、検索順位を上げる事が出来るのではないかと思うかもしれません。
確かに何年か前まではこの「バックリンク」の数の多さが重要視されていて、同一のテーマやコンテンツに限らず、被リンクが多いほどインターネット検索をした際に検索順位が上がりやすい傾向にありました。
ですが、スパムが増えた影響から、現在ではリンクの「数」ではなく、その「質」が重要視される傾向にあります。

WEBページへの密集度(集まり具合)や重要度・人気度を測る指標として「リンクポピュラリティ」というものがありますが、これは検索エンジンがWEBページへ集まっている外部リンクの数と質を分析して判定・評価するランキングアルゴリズムです。
検索エンジンは、この「リンクポピュラリティ」の概念に基づき「ユーザーから支持を集めている人気サイト」を、検索結果へ優先的に表示させることで、検索結果の質をアップさせています。

ここでいう外部リンクの「数」とは、WEBページにどれだけの「数」のリンクが外部から貼られているかを表します。
一般的に検索エンジンは外部リンクという人気票が集まっていないサイトより、密集度が高く人気が多く集まっているサイトを価値のあるサイトと判断します。
一方、外部リンクの「質」とは、どのような品質のサイトからリンクが貼ってもらえているかを意味します。
例えば、同一のテーマやコンテンツを持ち、ユーザーからの評価の低いWEBサイトを「A」とし、人気の高いサイトを「B」とした時に、「価値のあり質が高い」リンクはAよりもBからのリンクということになります。
他にも自分の運営するWEBページと関連が高いホームページからのリンクは評価が高くなります。

以上のように、単純にリンク数の多いホームページより、少数であっても「質」の良いリンクを集めているところのほうが検索エンジンから評価されるという傾向にあるということです。
外部リンクを獲得していく事はSEO対策として重要なのは言うまでもありませんが、サイトを運営する場合には、スパム行為でリンクを集めるのではなく、自然にリンクを得ていくという観点に立ちスキームを構築していくことが大切となってきます。

関連記事